イタリア デロンギ ブランド・メーカー

デロンギ(De`Longhi)ってどんなメーカー?

delonghi logo,デロンギ,delonghi,コーヒーマシン,全自動コーヒーマシン

デロンギの全自動コーヒーマシン・マグニフィカSを愛用しているけど,デロンギがどんな会社なのか良く分からなかったので調べてみました。

CHECK
デロンギ,マグニフィカS,愛用
2年愛用者が語るマグニフィカSが忖度なしでオススメな理由4選

「マグニフィカSのオススメ記事は沢山あるけど本当に美味しいのかな?」 「初心者でも簡単に操作できて,長く使うことはできるコーヒーメーカーかな?」 「使用者の率直な感想を聞いてみたいな。」 このようなご ...

続きを見る

すると,とても個性的なメーカーであることが分かりました。

一言で言い表すと

母国イタリアに強い誇りを持つ職人集団

という印象です。

デロンギは北イタリアのトレヴィーゾに位置しますが,北イタリアは元々ものづくりへの情熱が強く,非常に真面目な傾向があります。日本人のイタリア人のイメージといえば,自由でおおらかな印象が強いと思いますが,それは南イタリアの特徴です。

Beautiful and colorful map of Italy with italian regions, capitals and important cities. Vector illustration.

イタリアはファッションが有名ですが,プラダ,ボッテガ,グッチといった有名ブランドの多くも北イタリアに本社を構えています。

デロンギもものづくりに熱い情熱を注いでいますが,注ぎ方がとても個性的です。興味深いエピソードがありましたので,いくつか紹介します。



1,イタリアニティの追求

デロンギは「イタリアニティー」というデザイン哲学を徹底追求しています。

イタリアニティーとは,イタリアの歴史的な遺産や建造物をはめじ,イタリア人やイタリアに住んだことのある巨匠たちが残した芸術,発言などを徹底的に分析し,それをしっかり継承しつつファッション性を合わせた独自のもの,という定義のようです。

簡単にいうと,イタリアの伝統を継承しつつ新しいデザインを生み出していく,だと思います。
made in italy
で,ここからが面白いです。

デロンギが考えるデザインというのは,その人の生き様が滲み出るもので,頭で教えられることばかりではない。何年もその土地に住み,個人のスキルや生き様,奥底にある価値観やセンスを磨き上げていった結果,初めて表現し得るもの。だからこそ,その土地の文化や歴史がDNAに刻まれている人が,デザインするのに相応しいと考えている。

デロンギのデザイナーは,北イタリアのトレヴィーゾ周辺の出身者がほとんどです。トレヴィーゾ周辺は昔から職人や工業関係者が多く住む地域で,製造業に強い誇りを持つ人が多くいる土地柄だそうです。

italy treviso

また,工業デザインがとても強いのも特徴の一つです。このイタリアのモノづくり遺伝子を色濃く引き継いでいる人々が,デロンギのデザインを担っています。

世界で活躍しているデロンギだからこそ,各国のニーズに細かく対応していますが,根幹であるイタリアニティーに関わるところは絶対に譲らないそうです。

まさに職人さんって感じですね。

2,味と品質を徹底追求する凄さ

美味しいエスプレッソを淹れるには,豆を挽く時に摩擦熱が伝わりにくく,かつエスプレッソの命である揮発性のアロマを逃さないようにすることが大事です。それを実現するには,精度の高いグラインダーが必要となってきます。それ以外にも,適切なお湯の量や温度,抽出する時間など,さまざまな要素を適切にコントロール必要があります。

コーヒーマシンの部品

デロンギは,それらを高い次元で実現するために,全てのグラインダー部品を自社生産しているそうです。
また,その性能を担保するために,実際の豆を使って全て検査しているとのことです。

私は製造業を経営しているので,自社生産がどれだけ大変か分かるので驚くばかりです。多くの場合,自社は重要な部分を製造し,他の部品は専門メーカーから仕入れて生産していきます。そうしないと,膨大な生産設備や中間在庫などがかさみ,とてもリスクの高い工場になってしまいます。

でも,デロンギは自分達が納得する品質を実現するために,全ての部品を自社で生産し管理している。味と品質を追求するために,どれだけの資金と労力を投入しているか想像できません。

本当に尊敬します。

3,情熱的なデロンギ会長

デロンギ会長は,「イタリア人の意地にかけてコーヒー業界で世界1位になる!」と決めているそうです。そんな情熱的なデロンギ会長はすでに世界富豪100人に数えられる方ですが,その情熱は留まることがありません。

というのも,会議にいないとき一番見つかる可能性が高いのが工場の現場だそうで,製品開発に情熱を注がれているとのことです。なんとなく,私の大好きな本田宗一郎さんのように思えてきました。

4,市場ランキング

最後にランキング。
コーヒー機器メーカー世界シェアで世界2位を獲得しています。
ちなみに,第1位はネスプレッソで有名なネスレです。

ネスレは様々な製品をしていますが,デロンギは小型家電に特化しています。
なので,小型家電に特化してシェア2位ですから,デロンギのシェアは相当高いです。

価格.comさんで調べてみると,コーヒーメーカーの人気売れ筋ランキングで5万円以上の高額機器は全てデロンギが占めています。また,15位中7個がデロンギという脅威的な人気を誇っています。(2022年1月時点)

このことからも,多くの人から評価されているコーヒーメーカーだと解ります。

delonghi, coffee machine,

どうでしたでしょうか。
私はデロンギの情熱と個性を知って,愛用しているマグニフィカSへの愛着がより増しました。

イタリアニティーという哲学をもとに,本場イタリアのエスプレッソを世界に伝えるため,そしてより美味しいコーヒーを多くの人に届けるため,日々情熱を注ぐデロンギにますます注目していきたいと思います。


 

-イタリア, デロンギ, ブランド・メーカー
-,